INFORMATION

  • 坂の上の家

    坂の上の家

    坂の上は…家。

    坂の上といえば雲ですが、今回は家です。長崎の劇作家松田正隆氏の長崎三部作のひとつでして、坂の上の家に住む三人の兄弟の物語です。一昨年亡くなられた髙瀬久男氏が、松田さんの作品を数多く演出していて、その功績を称えて髙瀬さんに捧ぐ公演になっています。演出されている姿を思いだします。製作は可児市文化創造センター。可児市は岐阜にあり、地方発信で演劇を創り続けている文化豊かな地。なにより面白いのはスタッフキャストが可児で稽古するということ。これぞ演劇づくりの理想ですね。今回はじめて声かけていただきました。ありがとうございます。東京では吉祥寺シアターで公演します。ぜひ!

    ala collectionシリーズvol.10 「坂の上の家」

    2017年11月3日(金・祝)~11月10日(金)吉祥寺シアター
    http://www.kpac.or.jp

  • カレンダーガール

    カレンダーガール

    普通の奥様方がヌードカレンダーに…クローリー夫人も…

    カレンダーガールズは今から18年前におきた実話を元にしています。簡単に言うとイギリス、ヨークシャーに住む平凡な主婦たちが白血病研究のために人肌ぬいでカレンダーを作るお話。これが本当に人肌脱いじゃってるもんだからカレンダーが大当たり。そんで映画になり、舞台になりました。映画はヘレン・ミレン主演。勉強のために観たんですが、なんとダウントンアビーのクローリー夫人も脱いじゃってました。いやはや…。そんで今回のチラシも…まぁお姉さま方に人肌ぬいでいただいてます。熟女世代になった主婦達が、しがらみやら伝統やら老いやら絶望やら色んなものから脱いじゃうお話。彼女たちがどう変わっていくのか見ものです。ポロッはないと思いますがそっち系の方もぜひ!

    テアトル・エコー「カレンダー ガールズ」

    2018年1月12日(金)~1月24日(水)恵比寿・エコー劇場
    http://www.t-echo.co.jp/

  • 肝っ玉おっ母と子供たち

    肝っ玉おっ母と子供たち!

    85歳の仲代さんを観に行こう!

    無名塾公演は秋の能登から始まって、春の東京まで半年間あります。能登初日を観にいきました。初日ってパワーと新鮮さはあるんですが、練れや慣れがまだという事が多いんです。もちろん初日に芝居が完成してなきゃいけないんですが、そこは仲代さんも84歳なんでスロースターターはやむなし…かも…それがどうですか、今度の肝っ玉。最初っからフル回転。びっくりこきました。年の割にはいっさいないですね。全セリフ量の半分以上のセリフをしゃべるしゃべる。さらに踊って唄ってます。おそれいりました。 このまま70ステージもこなしたらどうなっちゃうんだろう?どうにかなっちゃった仲代さんをご覧になりたい方はセタパブへ。芝居もよい出来です。

    無名塾「肝っ玉おっ母と子供たち」

    2018年3月28日(水)~4月5日(木)世田谷パブリックシアター
    http://www.mumeijuku.net/