INFORMATION

  • 「冬物語」を

    「冬物語」

    夏に冬のお伽噺を

    『冬物語』は2011年、あの震災の年の初演です。震災から4ヶ月しか経っていなかったので、スタッフは懐中電灯のついたラジオを持ち、緊張の中で公演をおこなったそうです。それからそれから7年が経ちました。崩壊した家族の再生の物語をグレードアップして再演です。チラシの絵は物語の鍵となる“時”をイラストにしました。鼻水たれてるわけじゃないです。もともと『冬物語』には“時の勝利”という副題がついていて物語の中の重要な要素となっています。時がもたらす再生とは、勝利とは何か?その答えはぜひ劇場で。(長野、神奈川、愛知公演あります。)

    子供のためのシェイクスピアカンパニー
    「冬物語」

    2018年7月10日(木)~7月16日(日)あうるすぽっと
    www.canonkikaku.com/kodomonotameno.html

  • 「非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング」

    「非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング」

    手を挙げよう!

    だいぶ前から気になっていた、非戦を選ぶ演劇人の会。自分が演劇人なのかどうかは微妙ですが、非戦は非戦です。まぁ色々一筋縄ではいかないまわりのお国がありますんで、無防備ってわけにはいかないんでしょうが、気持ちは非戦です。とにかく武器輸出だけはやめましょう。
    考えてみると9条のことはなんとなく知っていても憲法のことはほとんど知りませんでした。調べてみると8条は皇室のことで10条は国籍のこと。全部で103条もありました。改憲問題を話すなら憲法のことも知らなくては…。
    で、今年、その非戦を選ぶ演劇人の会から声がかかりチラシをやることになりました。9条がテーマなんで9でなにかを?そういうオーダーで何案か考えて決まったのがこれ。会の人をはじめ、非戦を求める人々に挙手を描いていただきました。参加する人が多いとそれだけで力がありますね。ピースリーディングにぜひご参加ください!

    「非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング」

    2018年8月28日(火)・ 8月29日(水)スペース ・ゼロ
    hisen-engeki.com

  • かもめ

    かもめ

    私はかもめ…

    大学時代、かもめと言えば浅川マキでした。いいですよ〜浅川マキ。それました…『かもめ』といえば御存知チェーホフの傑作。秋の無名塾公演です。この作品は1896年、いまから122年前に書かれました。なにかと100年後200年後のことを気にしていたチェーホフさんですが、120年後の今の時代にこんなに愛される作品になるとは思っていなかったかも。まぁ人間100年経っても本質は変わらないって事ですね。チラシの写真は、今回の演出をやる女優の江間さんがこだわった人物配置で無名塾の稽古場バックに撮影しました。形はかもめを意識してます。なんとなく見えますよね。見ましょう。『かもめ』はその稽古場で2年前に上演されたものを、ブラッシュアップしてトラムで再演。とても良いです。観ましょう!

    「かもめ」

    2018年9月28日(金)〜9月30日(日) シアタートラム
    www.mumeijuku.net